水道工事屋さんは原子力にも詳しかった

アメリカでは、2000年に入りシステムの老朽化や
設計寿命を迎える原子炉が増え、
現在までに多くの原子力発電所の建設計画が公表されています。
2012年2月にはボーグル発電所の工事が進められているのですが、
今後はどのような動きになるのでしょうか。
先日、とある水道工事業者さんに修理をお願いしたのですが、
その時の担当の方が、アメリカの原子力政策に詳しく、
意外なところで知識を得ることができたのですが、
紹介してもらった書籍を読んだらぜひ紹介したいと思います。

激安コスメの通販を利用するとは

3.11から福島の原発問題で、
日本だけでなく世界の原子力について調べてみることに。
そうして研究テーマにしたわけなんですが、
気分が乗らないときは調べ物もはかどりません。
休憩がてらTVを見ていたらざわちんが出ていました。
この人の使っているアイテムって激安コスメ通販で購入することも多いんですね。
今は100円ショップの化粧品もかなり使えるようで、
女の人は大変だな~、と思いつつちょっと楽しそうにもみえました。

原発とかって専門の図面屋さん?

家を建てるには、設計図や施工図を引く図面屋がいますが、
爆弾などを作成するのにもそういう物が必要でしょうから、
専門の職業が会ったりするのでしょうか。
科学者がそのまま引くのですかね。
ついで疑問に思うのが、原発などの図面は、普通の図面屋が引けるのでしょうか。
専門でやるものなのでしょうか。
そのような世界に明るくないだけに、疑問がつきません。
安全な、原発があるとしてそれが作れるのは、正確な設計図が必要でしょうから、
その責任は重大だと言えます。
「永続可能な社会を」と声高らかに政治家は叫びますが、原発の寿命は40年。
周期ごとに嘘をつき続けるつもりでしょうか。

外構工事を横浜で担っている社長と今の政治家。

ちょっと前に、スイスの大統領が日本の教訓から、
原子力の規制の廃絶を進めているというニュースを見ました。
遠く離れた国が原子力を規制して、原発事故を起こした日本は
原子力を再開しようとしているという皮肉というか、狂気の沙汰というか。
なんともかんともです。
「電気代が高くなり中小企業が苦しく〜」なんて話もされますが、
そりゃ電気云々の前に、政府の舵が駄目だからだろうって話。
日本人は確かに政府に頼りすぎですが、
政府は政府で責任感がなさ過ぎです。
政治を深く知っている訳ではないですが、
これなら外構工事を横浜で担っている知人の社長の方が
何倍も手腕がありそうです。

大型乾燥機の前で考える

あいにくの天気が続いたこともあり、
ここ2、3日はコインランドリーのお世話になっています。
今日も大型乾燥機の前で今日も原発問題を思考しました。
人がいないコインランドリーで洗濯機の回る音を聞きながら考え事をすると
意外とはかどるという発見があり、
今日はメモ用紙と本とスマホを携帯してきたわけです。
コインランドリーは一度来ると1時間は軽くかかってしまうので、
こういったすき間時間にできることを持ってくるのが良いですね。